クローン病患者の理想(妄想)と現実

クローン病歴16年目。過去の思いや間違いと現在を公開していきます。たまに妄想も!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発症時期

先週は内科の外来日でした。
いつもより待ち時間が長くなり、とても疲れました。

どうせ待たされるだろうからということで、予約時間に家を出ているのに。
予約時間より2時間を越えても呼ばれる雰囲気がないと、
待合の雰囲気が極端に悪くなってくる気がします。笑

そんな中、いつもはあまり気にしていないのですが、
今回は中学生くらいの男の子とお母さんを見ました。

クローンかな?と思ったら、案の定、お母さんの手にクローン病の冊子がありました。
発病当初に貰う冊子のようでしたので、おそらくそうであろうと思います。

私の場合は就職してからの発症でしたから、
学生時代に発症した方のご苦労は想像しかできませんが、
学校生活でのストレスは相当なものであろうと思います。
私にとっては、何もなくてもストレスだったのに。(笑

でも、私から見ていいなあと思うこともあります。
それは、病気を含めて将来を考えることができるという点。
私は就職して1年目の終わりに発症し、その後なんとか4年間その仕事を続けましたが、
結局、続けることはできませんでした。
もし就職前から病気のことが分かっていれば、違った仕事を考えていたと思います。

病気によって、自分のやりたい仕事に就けないということもあるかもしれませんが、
逆に、最良の選択ができるということも言えるのかなと思います。

今の世の中、何もしなくてもお金が必要ですからね。

スポンサーサイト

Home

カテゴリー

Profile&病歴

月別アーカイブ

お友達Links

オススメ食材

まんぞく君 ビーンズ ハヤシ


まんぞく君 しょうゆラーメン


まんぞく君 ビーンズミートソース


まんぞく君 チキンカレー


まんぞく君 ホワイトシチュー


まんぞく君 ビーンズバーグ


まんぞく君 ビーンズミートボール 


ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。